Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

「自分だけのプラモデルを作りたい」が叶う

 う~ん。う~ん。ううううううう~ん!

 

 今回の作品は人と違う、「自分だけのプラモデル」を作りたい!

 

良し作ろう!

 

でもそれって難しいかなぁ?というあなたにオススメのプラモデル!

 という訳で、今回は発売が近づいてきたプラモデルの紹介(^^♪

 

メタルサイエンスさんが漫画家でありプロモデラーの田中よしみさんと共に開発した『DIYROBO』!

DIY ROBOのコンセプト

まず箱から出してパーツをチェック!胴体パーツと頭部パーツが一体分。

 

そしてランナーには手足やタイヤ等が多めに入ってます。

 で、そのランナーを手に取ってびっくらぽん(゚д゚)!

 

写真のようなパーツをはめ込む、ピンとピン穴がない!!!!!!

 なんとなんと!!!!実はこれが『DIYROBO』の面白いコンセプトなんです(*^-^*)

 

 例えば、パッケージになっているキャラクター『萬丸(まんまる・以下略)』ですが、このキャラクターの顔を作る時にピンとピン穴がないので、目の角度や位置を自由に張り付ける事に。すると、いろんな表情の『萬丸』が誕生するのです。もちろん手足をどこにくっつけるのも自由!

いろんなDIY ROBO

 このプラモデルの面白いところはここからです!先程、胴体と頭部パーツが1体分と説明しましたが、他のパーツは余るように設計されてます!そう、自分で頭部や胴体パーツを準備する事で、自分だけのキャラクターが簡単に作れちゃうんです!まさにアイデア次第(^^♪「自分だけのプラモデル」「自分だけのキャラクター」を作るという事がコンセプトに置かれているのです!

萬丸を作ってみて

 私は今回の作例では、商品紹介という事でパッケージ通りの『萬丸』を作ったのですが、簡単に作れちゃう事が楽しかったです(*^-^*)

 

 ピンとピン穴が無い事も、実際に作ってみると、そんなに気にならなかったかな(@^^)

 

 マスキングテープと流し込み接着剤があれば、パーツを決めた位置に貼り付けやすいです!ゲート処理や表面処理は他のプラモデルと同じ感覚で作れたと思います!

 私が作った『萬丸』には中に立て軸を一本仕込む事で腰部がツイストできるようにしました!こういった工夫を一ついれる事で、他とは違う表情を表現できちゃいます(*^-^*)

 

 この『DIYROBO』ですが、実際に田中さんとメタルサイエンスの長谷靖年さんに開発のお話を聞かせて頂いたのですが、今後もシリーズ化していく予定との事!(^^)!

 

 みんなが作った『DIYROBO』が集るイベントなんかもできると楽しそうですよね(^^♪

 

 こちらの『DIYROBO』もいよいよ発売間近!ぜひ「自分だけのプラモデル」を作ってみてください((((oノ´3`)ノ

プラモデル萬丸’まんまる’ 「DIYロボシリーズ No.001」

 

 

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る