Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

 2020年2月16日、伊丹市立図書館ことば蔵さんと共同でプラモデルイベントを開く事になりました(^^♪

 

 すでにTwitter等で告知も開始!

 

 市の広報課からもイベントの案内が出ています(#^.^#)

 

 今回はこのイベントの事を紹介したいと思います(‘ω’)ノ

チラシ
告知

イベントコンセプト

 『??(なに)からはじまるプラモデル(イベント名)』は、私達の『企画担当マコト』さんが、「プラモデルとはまったく関係ないところでつくMo独自の模型イベントを開きたい」という想いからできました!

 というわけで、このイベントコンセプト等をマコトさんに聞いてみました!

―市と共同で開く事について

マコト―「これについては光栄と言う他ありませんね。図書館という場所は、なんらかの知識を得ようと来られる方が大勢います。そこでこのようなイベントを開く事ができるのは、プラモデルの事を知ってもらうチャンスですので、私達にとっても嬉しい事です。」

伊丹市立著書間ことば蔵正面

―なぜプラモデルと関係ない場所なのか?こういった模型イベントはプラモデルショップとか大型量販店さんとかで開くほうが良いのでは?

マコト―「という声も他所からはありました。事実、そういった場所で開かれているのも多いです。
 私達つくMoの活動はあくまで趣味の活動です。もちろん趣味なので楽しく作って活動できれば良いのですが、リーダーが掲げる作品が完成した先にあるものを第三者に伝えていきたい、というものがチームコンセプトにあります。
 作品が完成した先を考えた時に、作品を作って終わりでなく、作る楽しさや、作品作りを通してみつかる仲間との交流や、同じ趣味だからこそわかり合える事があったり、そんな事を伝えれる社会的(ボランティア)な活動に押し上げたいという想いがありました。

 前置きが長くなりましたが、つまりプラモデルショップで開くイベントや大型量販店さんで開かれるものは、すでに『そういった事を知っている人達』が多く集まる傾向にあると思います。私達がすべき事は、プラモデルの事を全く知らない方に楽しさを伝えていく事で新たなユーザー層が増えるきっかけになればと思っています。それでこそリーダーが考えるチームコンセプトになぞる事ができるのではと。そういった意味では図書館はこの上ない場所だと考えています。」

ことば蔵 イベントフロア

―まったくプラモデルを知らない方が対象?

マコト―「イベントタイトル通り、一番の対象はそういった方達です。ですが、プラモデルを作った事があっても、作った作品を持ち込んで仲間と交流したという経験がない方や、そのどちらも経験している方にも楽しんでもらえるようなイベントに育てていきたいと考えています。つまり、基本的にはどんな方も対象です(笑)
 ただし、はっきりしておきたいのは、他者の作品に対して暴言を吐いたり、貶めるような行為をする方は、ただちに退場して頂きます。プラモデルに関わらず、作品作りには上手下手を競うといった側面もあります。が、このイベントではそういった側面は一切なくしたい。当日持ち込みの一般展示も行いますが、なんなら『未完成でも展示OK』です!いろんなアイデアの見せ合いであったり教え合ったり、ここで仲の良い仲間がみつかる場になって欲しいですね。なので一般展示もどしどし持ち込んでください。」

―他の展示会とはここが違う!という部分はありますか?

マコト―「やはり開催場所ですね。図書館で開く模型イベントはそうそう無いと思います。特に図書館という特異性から、各コーナーには読んで楽しんでもらえるよう、説明書きを入れたパネルを用意しています。例えばプラモデルの歴史について触れたコーナーには、歴史の説明とそのオススメ関連本の紹介があったり。図書との一体化も考えています。
 他には映像が流れたり、製作教室やとんとん相撲を開く等、まったく知らない方にもプラモデルの楽しさが伝わるよう工夫はしています。あとは、参加するにあたり『敷居の低さ』ですかね。これまで参加した展示会は良くも悪くも、自分の作品スゴイだろ!という色が出たり、人と競うような面があったりで。このイベントではプラモデル初心者の方にこそ、展示にも参加して欲しいです。塗装もしてない作品は恥ずかしいとか思ってほしくないですね。自分が作った物を人前に出す楽しさを知ってもらうきっかけになって欲しいです。」

プロジェクターのチェック

―育てていきたいと言ってましたが、今後も継続予定ですか?

マコト―「継続していきたいですね!特にことば蔵さんさえ良ければ、年に数回開く事のできるイベントにしたいです。その為には、大勢の方で賑うイベントに成長させる必要もあるでしょう。なので、少しでも興味のある方には是非足を運んでもらいたい。初めはできる事も少ないですが、回を重ねる事に参加者の方達と一緒に作れるイベントにしたいですね。あと他府県や商店街の空きスペースなんかでもイベントを開けるようになりたいです。つくMo独自のイベントとして今回が第一回目なので、これを契機にいろんな場所で開ける力をつけていきたいです。」

 という訳で、企画担当のマコトさんに語ってもらいました。このイベントでは図書、つまり読む事と作品を観る事の融和も私達の課題となっています。漠然と開くイベントではなく、想いと目標を持って取り組んでいますので、是非、遊びに来てください!

開催場所 伊丹市立図書館ことば蔵 〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前3丁目7-4

開催日時 2020年2月16日(日)13:00~17:00

一般展示受付 13:00から

主な催し 製作会・一般展示他各展示・SDとんとん相撲・オススメ関連書籍の紹介

問い合わせ 伊丹市教育委員会事務局伊丹市立図書館ことば蔵 TEL 072-784-8170 交流事業担当

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る